他専門職と連携を図りながら、包括的なケアを実践しています。

医局  

個人のニーズに考慮し科学的根拠に基づく責任ある医療を心がけています。

脊椎・脊髄外科、関節外科、外傷外科を三本柱に、スポーツ整形、リウマチ、リハビリテーションの診療を充実させ、それぞれの専門医が治療を行っています。

Message

各専門医が最新の
知識と技術で治療
を提供。

整形外科の主たる分野の各専門医を配置し、最新の知識と技術をもって外来・入院治療が提供できる体制を心掛けております。手術に関しては適応の吟味と術後のフォローアップに留意し、一貫して患者さんに寄り添う医療を目指しています。また、整形外科治療の合併症予防として専門の内科、麻酔科医を配置しています。

TOPへ

看護部門

整形外科の専門病院として患者さんのニーズに対応した専門性の高い看護を提供

整形外科専門の看護師として、急性期から回復期、維持期まで一連の看護を提供しています。専門性・看護の質を高めるため、院内・院外の研修会などにも積極的に参加。安心・安全を基盤に患者さんと関わりを深め、地域と連携しながら在宅生活がスムーズに送れるよう支援体制をとっています。

Message

患者さんが治療に
専念できる
質の高い環境を整備。

看護部は整形外科の専門病院として、患者さんにご満足していただける質の高い看護の提供を目指しております。看護部のビジョン「相手を思いやり、生き生きとした楽しい職場づくり」「何事も真摯に受け止め、自己研鑽に努める」を掲げ、看護部一丸となり、看護の質向上に努めてまいります。

TOPへ

薬剤科部門

D I 業務を基盤とし、4つの視点で医薬品安全管理を目指します。

『薬の見張り番』として役割を果たすことが大切と考えています。薬剤に関する情報を一元化、DI専任薬剤師が、病棟薬剤師をサポート。調剤、医薬品管理、服薬指導、病棟業務の4つの視点で適正な医薬品安全管理を展開します。

Message

目指すは、
『お薬があるところに、
顔が浮かぶ薬剤師』

患者さんがお薬を手にされた時、医療従事者がお薬を扱う時など、薬があるところに私たちの顔、存在が浮かぶ…。そして、良い治療ができる…。真心と思いやりに加え、薬剤師の使命を持ち、治療に貢献してきたいと考えております。

TOPへ

リハビリテーション科部門

一般外来から機能回復を目的としたリハビリ、運動指導まで幅広く対応。

脊椎・脊髄疾患や変形性関節症、骨折等の外傷の手術後の患者さんに対し、急性期から回復期まで機能回復を目的とした専門的なリハビリテーションを理学療法士と作業療法士が提供。外来急性期リハビリテーションの充実化を目指し、早期改善へ導けるようアプローチしています。

Message

リハビリの技術を向上し、
患者さんの生活の質を
向上。

機能回復はもちろん、患者さんのQOL(生活の質)の向上のため、患者さんの立場に立った安心・安全な総合リハビリテーションを目指します。また、学会発表など医学の発展に貢献することも社会的役割と考え、知識・技術の研鑽に努めております。

TOPへ

放射線科部門

画像提供を迅速に行い、施設間の結果をリアルタイムに共有。

MRIやCTなど高性能な放射線機器を病院、リハビリセンターの施設に完備し、施設間の連携で、いずれの検査も画像システムにより、リアルタイムに結果を提供しています。患者さんの状態を見極め、安心して検査を受けていただけるよう、より正確な情報を提供するため撮影技術の向上に努めています。

Message

進歩する診療放射線技術
を身につけ、
信頼される医療を目指す。

病院とリハビリセンターの両施設を円滑に運営できるよう努力しております。当院が掲げるスローガン(理念)「忠恕の心をもって患者さんに接し 信頼される質の高い医療を目指します」を念頭において、浜脇の職員としての役割を果たせるよう、より一層努めてまいります。

TOPへ

臨床検査科部門

手術前検査を中心に、患者さん目線で多様な業務を遂行。

患者さんが安心して診療・手術を受けていただけるよう院内処理が可能な検査は最新の機器を使用し、正確な検査データをリアルタイムで提供しています。また、日々進歩していく医学・医療技術に対し、各人が高い知識・技術を学び、質的向上を図り、臨床側のニーズに応えるよう努めていきます。

Message

臨床検査のプロとして、
患者さん中心の
医療に貢献。

検査を通して患者さんのお役に立てるよう心がけ、日々の検査業務を行っています。現在、臨床検査技師は医師、看護師、コメディカル等、職域を越えた連携で患者さんにより良い医療を提供するチーム医療の一員としても活躍しています。臨床検査のプロとして患者さん中心の医療に貢献してまいります。

TOPへ

栄養科部門

患者さんの状態に合った食事で、こころと体を健康に。

患者さんの状態に合わせた食事を提供し、「食」を通じて回復のお手伝いができるようサポートします。季節に合った行事食提供も行い、入院中でも季節を感じていただける食事を目指しています。また、安心・安全な食事を提供できるよう、独自の基準を設け、使用食材の選別をしています。

Message

カルシウム強化日を
設けるなど、
食育も含めた献立を思案。

整形外科独自の食事として「カルシウム強化日」を設けています。食育の意味も込めて、退院後に見本となるような献立を考えております。また、使用食材を選別し、本当の意味での安心・安全な食事を日々提供しています。

TOPへ

通所リハビリテーション(デイケア)部門

リハビリや食事、レクリエーションなどでその人らしい生活ができるよう支援。

「要支援」や「要介護」の介護認定を受けた方に、運動機能および生活機能の向上を目的に、リハビリテーションや入浴、食事、レクリエーションなどを実施。病気や事故などで日常生活が不自由になった方や、将来の生活に不安を抱えている方に、その人らしい生活ができるための支援を行っています。

Message

人生に不安を抱えた方が
笑顔を取り戻すための
支援活動。

人は一人で泣けても、一人で笑うことはできない…。そんな悩みを抱えた方に、笑う喜びと日々の楽しさを味わってほしいと考えます。私たち職員は、利用者さんの笑顔を取り戻すために、利用者さん一人ひとりに満足していただける空間を提供します。

TOPへ

管理部門

患者さんへの質の高い医療提供のため、職場環境の改善や職員教育を徹底。

管理部は、経営(経理、企画、医事)、人事(総務)、診療情報、営繕、広報等、法人全体の運営管理を行っています。私たちは、患者さんへ質の高い医療が提供できるよう、職場環境の改善や職員教育をサポートしています。

Message

医師、看護部、
コメディカル部門と連携し、
より良いサービスを目指す。

同じフロアー内には医局もあり、管理者や医師とのコミュニケーションがスムーズに取れる環境を作っております。私たちは、医師、看護部、コメディカル部門への正確な情報提供や提案を行い、患者さんへより良いサービスが行えるよう貢献していきます。