そこまで、
やる。
sp_text
arr_s_gonext-off

リハビリ科 主任林 知希

専門病院だから、選びました。

私が理学療法士を目指したきっかけは、学生時代に骨折をし、スポーツ復帰をするまでお世話になった理学療法士の方に憧れを抱いた経験からです。根気強くリハビリに付き合ってくださり、本当に心強く感じた思い出があります。そういったことから、将来、怪我に苦しむスポーツ選手のサポートができるようになりたいという気持ちが芽生え、理学療法士を目指す道を選びました。

実際の就職先として浜脇を選んだのは、整形外科の専門病院で専門医が多かったこと、そして何より、スポーツチームをサポートする環境があるということが決め手になりました。そういった専門性に惹かれたことに加え、見学に来た際、生き生きと働かれているスタッフの皆さんの姿を見て、この病院のメンバーの一員になりたいという思いが強くなったことを覚えています。

入職時に思い描いた夢が実現!

現在は外来患者さんに対するリハビリテーションを行っています。外来におけるリハビリテーションは手術を行わない保存療法になるので、よりリハビリの重要性や効果が問われます。その中で、患者さんから何年も取れなかった痛みが取れたと喜んでもらえた時は非常に嬉しいですし、やりがいを感じます。私は入職して、病院、デイケア含め3部署で働きましたが、それぞれに特色があり、必要な知識技術、療法士の役割や患者さんとの関わり方も違うので、理学療法士として多様な経験をさせてもらっていると思います。浜脇は整形外科の単科ではありますが、急性期から回復期までの患者さんをサポートする機能をもっているので、このような幅広い経験を積むことが可能です。

また何と言っても、目標であったトレーナー活動に携わることができ、チームの一員として全国大会で優勝!日本一になった時の感動は、忘れることのできない思い出です。

目指すのは、「浜脇を選んでよかった」と言われること。

浜脇は医療設備も充実しており、ホスピタリティ溢れるスタッフが多い病院であると思います。やはり、いくら設備やサービスが整っていても、スタッフの人間力が弱いと、良い病院とは言えないように思います。そういった観点からも、設備に頼るのではなく、日々患者さんの立場に立ってお話を丁寧に伺い、自分の大切な人に接する以上に心を込めて治療を行なっています。褒められるために仕事をしている訳ではありませんが、結果として患者さんが浜脇に来てよかったと思っていただければ、私は嬉しいなと思います。