そこまで、
やる。
sp_text
arr_s_gonext-off

看護部 手術室 師長村田 由貴

復職したい!私にとって、そう思わせた職場です。

私は高校を卒業してすぐに、見習いとして浜脇に入職しました。当時資格のなかった私は、現場で必死に働きながら准看護師の資格を取得、それから手術室に配属されました。一度は自己都合で退職をしたのですが、身の回りが落ち着くに連れ、手術室での仕事のやりがいや楽しさが日に日に強く思い出されるようになりました。そして、やっぱり手術室で働きたい!と浜脇の門を再度叩き、看護師の資格を取り、今に至ります。

もちろん「やりがい」といっても、楽しいことばかりではありません。むしろ辛い思い出の方が多いかもしれません。ただ、その向こう側にある達成感のようなものが、どうしても忘れられなかったのです。

断らない、それが浜脇です。

会長が大切する「地域の医療を診る」という信念から、これまで当院はあらゆる救急の患者さんもできうる限り受けてきました。そういった背景から、手術室はいつも忙しく、様々な患者さんに対して迅速に対応することが求められる現場です。常に全員で考え、整形のスペシャリスト集団として患者さんにできることを妥協なく行い、元気になって帰っていただくということに高いプライドをもっているスタッフが集まっているのです。

大変なことも多いですが、医療人としての信念に基づく正しい行動に対しては、全体が前向きです。そういった信念を大切にしたものであれば、個々の実現したいことを仲間がフォローしてくれる環境と言えると思います。

本当のやりがいを感じて欲しい。

私は手術室の主任を7年経験し、現在は手術室の師長1年目です。まだまだ勉強中ですが、スタッフをまとめることの難しさやスタッフに対する一言一言の大切さを思い知らされる毎日です。

そんな私ですが、やるべきことは2つあると考えています。一つは、困難を乗り越え、患者さんの要望に優しさと笑顔で可能な限りお答えできる看護師を育てること。そしてもう一つは、スタッフがプロフェッショナルとして同じ思いで働ける職場をつくることです。浜脇で私が見習い時代から感じている「やりがい」を一人でも多くのスタッフにも体験して欲しいという願いを込めて。