BLOG

第19回広島中支部看護研究発表会

カテゴリー: おると会

2月15日広島中支部看護研究発表会に参加しました。

「痛みオリエンテーションの有効性~患者・看護師の疼痛共有~」
について研究し、発表を行いました。

発表ではとても緊張しましたが、
他の病院の取り組みも知ることができ勉強になりました。

患者さんの痛みを理解することが難しい、
痛みを和らげるためにできることはないだろうか
と思い研究をはじめました。

どうすれば良いか迷うこともありましたが
病棟スタッフ・入院中の患者さんにも意見をいただきながら取り組みました。

看護師の対応や痛みの表現の仕方について
用紙を作成しオリエンテーション実施しました。

現在も作成した用紙をラミネート化し
ベッドサイドで使用しています。

患者さんからは痛みを表現しやすくなった
というお言葉をいただいています。

今後も、患者さんの痛みを知り、
少しでも痛みが和らぐよう努めていきたいと思います。
    
 7階病棟 檜垣

電話する問い合せTOP
Loading...